行政書士になるには?

行政書士になるには、行政書士としての資格が必要になります。これには行政書士試験に合格する必要があるというわけです。行政書士試験は年に一度行われますが、受験に関しては国籍や年齢を問わず、誰でも受験することができます。受験者の中でも最年少の方は8歳から、最年長は93歳までに及びます。

そして行政書士試験を受けるためには、当たり前ですが勉強をしなければなりません。弁護士は流石に受かるのは難しそうだが、行政書士ならそんなに勉強しなくても…?なんて考えていたら大間違いです。確かに弁護士のほうが資格としては難易度が高いかもしれません。しかし、行政書士もれっきとした国家資格であるため、一般の人からすればかなり難しい問題がズラズラと出てくる事かと思います。もちろんしっかり勉強して、過去問もソツなくこなし、受かる!という自信があれば受かるのも難しくないことでしょう。行政書士を目指したいのであれば、まず本屋さんなどで本を買って勉強を初めてみるのはいかがでしょうか。受験に関してはネットで調べても色々情報は出てくるかもしれませんが、変なまとめサイトみたいなのが多く、必要な情報が得にくいかもしれません。まずは本屋さんで本を購入してみるのが良いと思います。